HOME ワーホリ・語学留学 永住権 ブリスベン オージー オーストラリアの食べ物 BBS リンク メール

入学資格

* IELTS
* 高校卒業資格 (大学進学の場合)、大学卒業資格 (大学院進学の場合)
* 学校によってはNAATIのレベル2


ここでは主にIELTSについて説明します。IELTSはTOEFLのような資格でブリティッシュカウンシルによって主催されているテスト。

試験は4部構成。
  1. リスニング (Listening)
  2. ライティング (Writing)
  3. スピーキング (Speaking)
  4. リーディング (Reading)
TOEFLやTOEICのようにIETLS 独特のテスト形式があるのでそれになれるのが一番。

IELTSの問題集とか(ブリティッシュカウンシルで3780円で売ってたと思います)を購入して問題形式に慣れておくこと。READING・WRITINGともに時間との勝負だと思ってください。

READINGはまず、設問を読んで何を聞かれてるのかを把握してから、本文を読む。時間との勝負なので早く文章を読む練習をしてください。私はIELTSを2回受験したんですが、READINGの問題が全く同じだったことを覚えています。(今は変わったのかもしれませんが。)

WRITINGは表を見て、その表を説明してください。ていうのと、環境問題などについて、どう思うか等エッセーイとかそういった問題だったと思うので、「2000年から2002年にかけて、どれくらい増加・減少した」などと言う英語の言い回しを覚えておくといいのでは??

LISTENINGですが、こちらもREADINGと同様、設問をさらーっと読んでおいてください。教室によってもそうですが、あんまり環境はよくないところが多いようです。

SPEAKINGは、あなたの答えに対して試験官が質問してくるパターンが多いので、話を誘導できるようにがんばってみてください。「なぜこの試験を受けたの?」って聞かれて「オーストラリアに行きたいから」で終わるのではなく、「オーストラリアに行って、・・・を勉強するつもり。」て答えるとします。じゃ、試験官はきっとなんで・・・を勉強したいの?といったふうに話を持っていくと思うので、自分がたくさん話せそうって思う方へ話しを持っていってください。 文化、教育、社会問題などについての質問などもされるのでどういう考えを持っているとか説明していて、なるべく途切れないようにするのがポイント。


>>>>> 次のページ (学校選び)へジャンプ
このページのトップへもどる
 
 このサイトに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。
Copyright © 2002- ブリスへ行こう! all rights reserved. Designed by TG
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO