HOME ワーホリ・語学留学 永住権 ブリスベン オージー オーストラリアの食べ物 BBS リンク メール

体験談



申請の2ヶ月前くらいからネットでサーチしたり、領事館に書類をもらいに行ったりしました。書類は家の契約書さえなくしてなければ、結構すんなりと一緒に住んでいた期間を証明できるので、これからいずれは申請しようと思っている方はなくさず取っておくことをお勧めします。

申請は日本でしたのですが、郵送だと時間がいっぱいかかってしまうということで直接オーストラリア大使館に書類を提出しに行きました。そのときに簡単に大使館の方から質問を受けたり、こちらから質問をしたりする時間があったので、これは結構役立ちました。足りない書類とかそのときに教えてくれます。

それから2週間後くらいに手紙が届き、Interviewをしたいので電話をくれとの旨が。すぐ電話して1週間後くらいに面接の時間を予約。すでに大使館に出向いていたこと。私の家が東京から遠いことなど、すでに説明してあったので電話面接になりました。約10分くらい。

質問の内容ですが、2人の関係のことがほとんどです。いつ出会って、普段は何をしていてなど、友達に「なんでつきあうようになったん?」って言う質問をされると思いますが、そういう感じの質問が多かったです。なのであまり深く考えずサラっと答えてみてください。

面接後、約2週間くらいでパートナーの健康診断、無犯罪証明(NZとOZの分)が必要といわれ、そこから準備開始。これは必要書類のページにも書きましたが、もう少し早くから準備していればよかったなあという反省点です。これに随分時間がかかり(1ヶ月強)ビザ取得までの時間が延びてしまったのです。NZの無犯罪証明はオーストラリアの大使館が直接NZの警察に連絡をして情報を得るので無料。オーストのほうは自分で申請しないとダメなので36ドルほどかかりました。結局、両書類がそろい提出し、1週間も経たないうちに大使館から手紙で連絡が来て、パスポートを送付するように言われました。パスポート送付後、3日ほどでビザ付きのパスポートが到着!

感心したのは、日本のオースト大使館は仕事が速いということ。書類に2週間と書いていればほんとに2週間で届いてました。これは今までのオーストの役所関係のイメージを私なりに抱いていたので、ほんとにビックリしました。結局、申請から、ビザ取得まで3ヶ月強かかりました。

最後にとってもお得だったのは、移民機関というのがありそこでチケットを手配すると40KG分の荷物を持っていけるということ。これはパスポートが送り返されたときに、そういう書類が入っているのでビザが取れたかたはこれを利用してみるのもヨシです。この移民機関で働いている方はとても親切で色々とアドバイスをくれました。(大阪→ブリスっていう直行便は40キロまで持ち込めない便だったため)
このページのトップへもどる
 
 このサイトに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。
Copyright © 2002- ブリスへ行こう! all rights reserved. Designed by TG
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO