HOME ワーホリ・語学留学 永住権 ブリスベン オージー オーストラリアの食べ物 BBS リンク メール

オーストラリアのエッセー

オーストラリアのスーパーマーケット


今日はオーストラリアのスーパーマーケットについて。オーストラリアのスーパーの第一印象はデカイ!広さから商品まで日本のスーパーとは比べ物にならないくらいでかい!日本でも海外風のスーパーが南町田(東京)のほうにあったような気がしますが、ほんとあれくらいの勢いででっかいです。何回も通ってや〜っとどこに何があるのか把握できるというカンジ。Minxは日本でもオーストラリアでもスーパーに行くのはダイスキでよく行っていましたが、オーストでは色々と驚かされることがいっぱい。

まずは、お客さんの買う量。あんたこんないっぱい買ってどないすんの?!とほんとに思ってしまうくらい。トローリーが備え付けてあるんだけど、そのトローリー満タンになるくらい買い物するんです。日本だと毎日お買い物に行くのが普通だけど、オーストラリアでは1週間分まとめ買いが普通みたい。ほんと後ろで見てると一回の買い物で200ドルです。とかって言うのをよく見かけます。次に驚くのが野菜の大きさ。ピーマン、なすび、きゅうりなどなど日本の野菜の大きさとは比べ物にならないくらい大きいです。さらにお肉とかも1パックの量が半端ない。BULK BUY(まとめ買い)なんて肉10枚くらい入ってる。牛乳だって4リットル入りとかまである。

次に驚くのがタマゴの賞味期限。だいたい1ヶ月くらい。これには最初はほんとビックリしたけど、日本では生卵を食べるから賞味期限が短く設定されているらしい。それにしても1ヶ月っていうのはビックリだよね!

海外だから日本と違うのは当たり前だけど、ほんと違いすぎて驚きがいっぱい、楽しい発見がいっぱい。最後にオーストラリアではベジタリアンが日本に比べて随分多いので、ベジタリアン用のセクションが充実している。まだ怖くてトライしたことがないけど、ベジタリアンソーセージやら、ベジタリアンハムまである。オーストラリアにいる間にトライしてみてはいかが?!(トライした人は感想を聞かせてくださいな。)    topに戻る>>

オーストラリアで癒して


今日は「オーストラリアで癒して!」。少しネタ切れ気味なのでちょっとオーストラリアのみの話題ではないのですが、お許しを。皆さん毎日毎日、勉強に仕事に身体が疲れてきていませんか?そんなときの癒し方法を紹介。(なんか宣伝文句みたいですが・・)皆さんはストレス解消に何をしますか?Minxのストレス解消法は、買い物、ピアスをあける、お風呂に入るなどなど色々と試してみました。一番効果ありなのが買い物だったんですが、これはいくらお金があっても足りないのでおいときます。

ブリスベンでできる癒し方法。まずはマッサージ。これは貧乏人の私にはちょいとかけ離れているので行ったことがありませんが、ブロードウェーに「てもみん」というお店があります。15分いくらというカンジで値段が設定されています。その他マッサージとして、Physiotherapyを勉強している学生が研修をかねて行っているもの。これは大学の掲示板などで張り紙がされているので試してみてはいかがでしょうか。(そこまで高くなかったと思います)Minxは友達が指圧の勉強をしていたのでよく練習台になってあげてました(笑)結構指圧とかだと自分でもできるのでやってみてくださいな。

次にお風呂に入ること。家にバスタブがある人はボディショップやドラッグストアで入浴剤をゲットしてぬるめのお湯でなが〜〜くつかる。電気を消してろうそくの明かりだけで入ると効果倍増。入浴剤のほかにアロマ(エッセンシャルオイル)とかをいれるのもよしですね。エッセンシャルオイルは入浴剤じゃなくて容器に入れて焚くのもいいですね。自分の好きな香りを選んで試してみてください。容器はクレージークラークなんかだと$1〜2程度でゲットできます。オイルはエリザベスストリート上に1軒、マイヤーセンターの中に一軒アロマ屋さんがあったと思います。その他、ケミストでもオイルはゲットできます。日本で買うと随分高いけどオーストラリアだと比較的リーズナブルなお値段がついています。

家にお風呂がない人は、ブリスベンに韓国人経営のお風呂屋さんがあるので一度行ってみてはいかがでしょう。(ていうか、これが言いたかったから今日はこの題なんだけどね!)South Brisbaneのダイアナホテル内にそのお風呂屋さんはあります。これは日本の銭湯のようなカンジで水着とかなしで入るタイプ。恥ずかしいからイヤだわ!って思われる方。Minxは一回だけ行ったことがあるんだけど、貸切状態でした!なのでそこまで恥ずかしくないです。タオルやら何やら全部ついていて、ジムとかも利用できます。お値段は15ドルくらいと少し高めだけど、長居をすれば元がとれるはず。混浴じゃないのでカップルの方は寂しいかもしれないけど、仲のいい友達同士でマッタリしにいってみてはどうでしょう。その他、ホテルやら何やらのスパに入りに行くのもよしですね。(こちらのほうは水着着用タイプだしね!)かなりリラックスできるはず!

リフレクソロジー講座
アロマ無料講座    topに戻る>>

ハグ(Hug!)


皆さんは「ハグ」って言われて何だかすぐ分かるでしょう。実はMinx、オーストラリアに行くまでHugなんて聞いたことがなかった。オーストラリアでGimme a hug..とかって言われてなんじゃいそりゃ?!?!って思った。Hug(ハグ)は直訳チックで行くと「抱きしめること」らしいけど、映画とかで久々の再会とかで抱き合ってるシーンを見たことがある人は分かっていただけると思う。このハグはほんとにやっかい。。って思うのはMinxだけかもしれないけれど、初めて会った人とかと挨拶代わりにハグなんてMinxには考えられない。最近ではなるべ〜〜く、ハグにならないようにハロ〜!と手を振るようにしている。。(これでハグ攻撃からは免れれるからね!)これが結構効果ありなので嬉しい限り。。

とにかくオーストラリア人はスキンシップをしたがる。つらそうしてたら、ハグ。久々の再会にハグ。嬉しいときにもハグ。別れのハグ。ほんとハグの嵐である。男の人の場合、初めてあったときは握手が一般的みたいだけどね。

ところで、ハグにも程度があるって皆さんご存知でしょうか?Minxは結構仲のいい友達に偶然街で会って、ハグ。。という状況に陥った。だけど、Minxはハグがとても苦手なので、早く終わって欲しいから背中をパンパンパンってカンジで叩いたハグをした。(説明が下手すぎなのでどういう状況か分かっていただけたかは微妙ですが)そしたらその友達に「Minx....そのハグすごいよそよそしいよ!」って言われたのである。仲のいい友達にはギュ〜〜って抱きしめるハグをしないとダメらしい。ほかにハグの程度があるんだかは知らないけれど、あまり仲のいい友達じゃなかったら「パンパンハグ」でもOKだけど仲のいい友達には「ギュ〜ハグ」をするほうがベターなんだそうだ。というわけで、ハグが苦手なMinxのちょっとした小話でした。    続き>>

トップページへ
 
 このサイトに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。
Copyright © 2002- ブリスベンへ行こう!(I★Ozland) all rights reserved. Designed by TG
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO